TOPIC

すべての子どもが夢を持てる社会を

児童虐待などの理由で親や親戚と暮らすことのできない子どもたちは、全国で46,000人。
千葉県でも900人の子どもたちが、児童養護施設や里親家庭などで暮らしています。
また家庭に暮らしながらも、貧困などで苦しい思いをしている子どもたちがいます。
特定非営利活動法人ちばこどもおうえんだんは、どんな環境に育ったとしても、すべての子どもたちが自分らしい未来に向かって夢を描けるように、こどもたちを応援します。

2015年度事業スタート

子どもたちが、より家庭的な環境で育つことができるように里親家庭を応援します。
2015年7月、千葉市より里親制度推進事業を受託。
里親を増やす事業を広報啓発活動からスタートしました。

2016年度計画する事業

社会的養護のもとにある子どもたちの自立を応援するためのファンドを設立します。児童養護施設に暮らす子どもたちも里親家庭で暮らす子どもも、おおむね18歳になるとそこから巣立ち自立をしていきます。 まだまだ未熟な子どもたちの自立はとても大変です。子どもたちが安心して社会に羽ばたけるよう、自立を応援します。

Top